MID TOWER GRAND"制振構造"

地震に対する建物の構造は、

 

・耐震構造

  →太く丈夫な柱と梁で地震の揺れに対抗する構造。(=普通に揺れる。大地震では、壊れる。)

 

・制振構造

→ダンパー等の特殊部材を設置して、地震の揺れを吸収する構造。(=揺れを軽減。壊れにくい。)

 

・免震構造

→地面と建物の間に積層ゴム等の装置を設置して、建物自体の揺れにくくする。(=揺れないを目指す。)

 

があります。

 

MID TOWER GRANDでは、

制振構造が採用されているようで、

 

f:id:roccc:20180823125026j:image

 

赤い部分がダンパー等の特殊部材でしょうか。

 

こんな大きな建物に対して、赤い部分の特殊部材を設置する事で揺れを軽減できるなんて、不思議ですよね。

 

今回の施工者は、スーパーゼネコンの大成建設。大成建設独自の制振構造で、このあたりはスーパーゼネコンならではですよね。

 

ただ、結構な塔状の建物なので、

制振をしたとしても上層階は揺れ(下層階は揺れにくい)ますので、

 

f:id:roccc:20180823130136j:image

(持っている根元が下層階。先端が上層階。のイメージ)

 

免震構造でも良かった気もしますが、コストの問題なのか大成建設が得意なのか。。。