ブリリア弦巻"田の字プラン"

日本の発明。

 

田の字プラン。

 

東京の地価は高く、狭い土地に効率的にマンションを配置すると、どうしても各住戸の間口が狭くなってしまいます。

 

まさに鰻の寝床。

 

そこで導かれる間取りが、田の字プラン。

 

f:id:roccc:20180824023400j:image

 

部屋が田の字に配置されます。

 

玄関があって、奥にLDKがあって、寝室は3つ欲しくて、、、

 

3LDKを効率的に作りたければ、

うん。

こうなりますよね。

 

2つの寝室は必ず外廊下側に面して、

  プライバシー→少ない

  採光→少ない

となってしまうデメリットがあります。

 

でも、別に使いにくいわけでもなく、ものすごく使いやすいわけでもなく。。

 

多分、3LDKっていう概念を取っ払わない限り、田の字プランがついて回るんでしょうね。

 

例えば、玄関開けたら、リビングがあるとか、全部を大きなワンルームにするとか。。

 

需要もなさそうだし、それはそれで微妙ですねm(._.)m