Brillia一番町"Dタイプ"

91.21m2の2LDK、Dタイプです、

 

f:id:roccc:20180829064858j:image

 

ちょっとナナメに入る玄関です。

ナナメの場合、お得意のサンドイッチがありますが、小さいので気にせずです。

 

クローズドキッチンですが、回遊出来るようになっており、広がりが出るので○です。

 

リビング扉を開けて、まっすぐ進んで右に曲がるまでの実質廊下じゃん状態(リビングの畳数に実質廊下じゃんは入ってます。)やHall1、2のダブル廊下じゃん状態のせいで、全体の廊下量が増大しています。

 

廊下が短過ぎると、狭苦しく貧相ですが、長過ぎても部屋や収納が小さくなりますので、バランス重要です。

この間取りは、長過ぎるに分類されるかな。。

 

角住戸で間口はとても広いので、◎です。

この物件は、平面が細長いので、各住戸の間口が広く取れていてとても良いです。

逆に500戸以上規模くらいのタワマンになってくると、平面がどうしても大きくなり、各住戸の間口が狭くなるので、この点はタワマンにない魅力のひとつだと思います。