シティタワーズ東京ベイ"間取りのよいタワマンとは?"

トリプルタワーを上から見ると、

 

f:id:roccc:20180905222135j:image

 

敷地、細長っ!

そして、建物も細長っ!

 

あのマリーナベイサンズのような(前回ブログ参照)トリプルタワーがこんな細長いの?!

 

でも、実は、この細長い形がタワマンに、最適なのです。

 

タワマンの一つ一つの住宅の奥行きは、それほど必要なく、外に面する間口がどれだけ取れるかが、とても大切。

 

奥行きが長く、間口が狭いと、

例のやつ。

そうです。

田の字プランになってしまうのです。

 

逆に、間口が広く取れる間口は、各部屋を窓際に配置できるため、いいプランであることがほとんどです。

 

そして、

建物全体の平面が細長い形だと、各住宅の間口が広く取れ、

建物全体の平面が大き過ぎると、中央に吹抜けを設けたドーナツ型の各住宅の間口が狭い配列となってしまうのです。

 

 

では、前置きはほどほどに。

70.27m2の2-70J3-1タイプ。

 

f:id:roccc:20180905233220j:image

 

ほら、いい間取りでしょ。

 

各部屋が綺麗に窓際に並んで、

共用廊下側に玄関、廊下、水回り、キッチンを配置。

 

まさに理想的な3LDK。

 

玄関の位置も住宅の中央にあり、廊下が長過ぎず、短過ぎずで効率的です。

シューズイン、ウォークイン、さらには納戸まで。

 

70m2でこの間取りは、なかなかお目にかからない。

 

いいです。

 

この間取り。

 

ほかのタイプも間口が広く取れていることが想像されますので、もしかしたらこの物件、間取りはどれを選んでも間違いないかもしれません。