千住ザ・タワー"Aタイプ"

本ブログで初めて登場のワンルームです。

 

これまでの2LDKや3LDKを見る目とは、目線を変えていく必要があります。

 

25.2m2のAタイプです。

 

f:id:roccc:20180904112901j:image

 

8.5畳のワンルームですが、

ベットとカフェテーブルくらいは十分に置くことができそうな整形な部屋の形が◎。

 

この広さだと、部屋の中に柱とか、でっこみひっこみがあると、とたんに家具配置が難しくなります。

 

トイレ兼用とはいえ、洗面室があるのは嬉しいポイントですね。廊下に面してお風呂の入口があるタイプのワンルームと大違いです。

 

廊下ではなく、洗面室で脱衣ができるのは嬉しいです。

 

欲を言えば洗濯機も洗面室内に入るのがベターですが、25m2では、そこまでは欲張り過ぎですか?!

 

難点は、25.2m2の限られた面積の中に大きな柱があることです。ちょっとした納戸になりそうなくらい大きい。。。

 

 

ただし、タワマンのワンルームは、何より、25m2だろうが100m2だろうが、同じタワマンの環境を享受できるのが、最大のメリットかと思われます。

 

そんじょそこらのワンルームマンションと共用部のグレードが違いますから!!

 

都心へのアクセスがよく、独身時代に一人で住むにはモッテコイですか。

ローンを返済しつつ、結婚等でライフスタイルが変われば、賃貸に出してもよし、売りに出してもよし。

 

相当な環境の変化がない限り、かなりリスクの少ない選択かも。

 

ただし、ワンルームとファミリーが混在するマンションは、住む人の特性が異なるためのトラブルもないとは言えないので、

その辺りは、ワンルーム、ファミリーともに認識の必要がありでしょうか。