ザパークハウスオイコス赤羽志茂"FSFタイプ"

70.92m2の3LDK。

 

本物件は、サードスクエア棟とフォーススクエア棟の2棟に分かれていますが、フォーススクエア棟のFSFタイプです。

 

f:id:roccc:20180905085913j:image

 

本物件は、田の字プランが基本のようです。

 

なぜか?!

今や、タワマン以外のこの規模の大型物件をこなせる施工者は、

🎶タラタタッタッタッーの長谷工さん

以外になく、(コスト競争力めちゃ高いです)

長谷工さんの超効率良いシステムは、全て田の字プランがベースになるからです。

 

田の字プランは、原則、リビングが

横か、

縦か、

の2パターン。

 

こちらは横パターンです。

 

洋室1、2が6.5畳と5.0畳で70m2にしては、少し広めに取ってあるため、リビングの奥行きが狭目です。

特に対面キッチンの前のスペースがダイニングテーブルを奥には少し狭いかなと。。

テーブルの大きさに制約がでそうです。

 

横リビングのメリットは、なんと言っても横長の大きな窓です。

両開き扉になっているので、春や秋などの中間期には、窓を開け放てば、気持ちのいい風が入ってくること請け合いです。

 

その分、洋室3は、窓に面していない部屋になってしまいます。

窓のない洋室3を子供部屋にするには、ちょっとなぁという方で、書斎や客間等の寝室以外の部屋に使う生活を想定するのであれば、横リビングがお勧めです。

 

 

どうしても長谷工さんの大規模物件は、田の字プランのみとなって、間取りを見る身としては、面白味に欠けることになります。

 

ですが、住み手目線でいけば、田の字プランは、非常に効率が良く、問題のない無難な間取りですので、安心して購入の検討ができると思います。