THE COURT神宮外苑"98Aタイプ"

98.50m2の3LDKです。

 

f:id:roccc:20180911213032j:image

 

前回みた108Aタイプで発見した

廊下の法則。

 

廊下は、

 

コンパクトに!

合理的に!

 

こちらの間取りはどうでしょうか。

 

廊下、コンパクトです( ̄^ ̄)ゞ

プライベートとパブリックをしっかりと分けて、玄関ホールも程良い大きさ。

合理性もバッチリ!

 

ということは、、、

やっぱりいい間取り。

 

各部屋の大きさも、8、6、5畳といい感じです。

収納も、シューズインに納戸が2つ。マスターベッドルームにはウォークインも付いています。Good!

 

細かく見ていくと、

玄関を開けると突き当たりに両側袖ガラスのリビングドア。

リビングのドアを開けると、リビング一面に広がる大開口の窓。

ストーリー性もバッチリです。

 

洗面室内の、洗濯機置場は扉付き。

さすがの配慮。

ただ、洗濯機置場の扉のせいで、若干洗面室内が窮屈か?!

 

柱がある関係で、ベッドルーム2の窓が小さいのは残念ですが、各寝室とも整形な形で色々な家具配置に対応できそうです。

 

窓は全て片引き戸+FIXガラスの組み合わせで、意匠性/デザイン性が高いです。

この辺りに設計者のこだわりが感じられます。

(そして、そういう設計者は、時間をかけて良い設計をしていること、多いです。)

 

 

こちらの間取り、トータル的にみると、

廊下がうまく配置されている関係で、108Aタイプにも勝るとも劣らないできだと思います。