プレミスト三鷹"T-1タイプ"

では、間取りです。

 

プレミスト三鷹では、1LDKから3LDKと各住戸の広さに幅があります。

 

その場所柄、働く1人暮らしの若い方から、ファミリーまで、幅広い層への人気の証でしょうか。

緑が多く環境が良く、新宿へのアクセスもバツグンですから。

 

45.34m2の1LDKです。

 

f:id:roccc:20180914083551j:image

 

壁面がアールになっている関係で、部屋の中にもナナメの線が出てきています。

リビング、寝室ともに家具配置には、そんなに影響なしか。

 

水回りが充実していることと、納戸があることは、評価ポイントですが、逆に言えば、その部分をもう少し簡素にして、リビングを広くすることも考えられたのかも。

トイレを洗面室内に入れてしまうとか。

 

この間取りの一番痛いのが、

部屋のど真ん中にある柱ですね。

 

この広さの1LDKであれば、

リビングと寝室を繋げて使うようなことが出来ると理想的です。

よくある3本引戸を開けると、大きなワンルームでも使えます。みたいな。

※本ブログで言えば、千住ザ・タワーFタイプの形。

 

1人暮らしであれば、

わざわざリビングと寝室を完全に分ける必然性はないですから。

 

あと、間取り図では分からないですが、柱の周りには梁がありますので、リビングや寝室の天井高さがどうなっているか。

 

リビングの真ん中に梁がドーンだと、

天井が結構低いかも。

要確認ポイントです。

 

逆に言えば、柱が部屋のど真ん中にあって、よくここまでまとまった間取りに出来たなとも言えます。

寝室も整形ですし、廊下もコンパクトに配置てきています。

なかなか難しいですよ。これ。

 

あと、希望を言えば、せっかくの角部屋を活かして、寝室の窓はもっと大きくして欲しかったかも。

納戸の前の空間も使いようがないので、思い切って納戸を冷蔵庫の面まで大きくしても良かったです。(恐らく、リビングの畳数が減るため、そうしなかったのかなと。マンションデベロッパーの悪癖です。)

 

 

では、この間取りで価格はどのくらいか?

というと、価格は発表済みのようで、

45.34m2(13.71坪)で4498万〜。。

坪単価327万。

 

独身の間に買ってローンを返しつつ、結婚など家族構成が変われば、売るなり貸すなり、いろいろできそうなサイズですね。