THE COURT神宮外苑"82Bタイプ"

82.50m2の2LDKです。

80m2の2LDKですから、よい間取りが期待できます!

 

では、間取りをみていきましょう。

 

f:id:roccc:20180912223323j:image

 

まずは、パッとみの印象で、変に曲がった線があったり、歪な形の部屋もなく良い間取りの予感。

 

寝室と水回りへは、玄関から一度リビングを経由する動線です。

 

この動線も、プライベートとパブリックがうまく分かれるため、よいです。

 

 

プライベートとパブリックとを分ける方法は、

 

①廊下に扉を設ける方法。

※本物件だと90m2以上に採用されている。

前のブログ参照。

 

 

②玄関から、まずリビングに入って、その先に寝室に続く廊下を設ける方法。

※本間取りのようなタイプ。

 

とがあり、一長一短です。

 

①は、ある程度の廊下長さが必要ですし、

②は、リビング内に寝室へ続く廊下への動線が必要で、かつ扉がつくため壁面が減り、家具配置がし辛い。

 

また、①は玄関からサッと寝室の方へ抜けられるが、②は必ずリビングを経由しなくてはならない。ただし、家族のコミュニケーションとしては、必ずリビングを経由することが、プラスになることもある。

家族の顔の見える生活。

 

 

本間取りでは、寝室へ続く廊下の位置が絶妙なため、その動線が邪魔になったり、壁面が減ったりということがないので、上記にあるデメリット的要素が少ないレイアウトです。

 

 

その他、本間取りの特徴としては、とにかくシューズインが大きい。全体の割合バランス的に大きい。

もちろん、収納に関しては、大は小を兼ねます。

ただ、限られたマンションの専有面積に対しては、各部屋と収納のバランスは重要です。

 

また、通常のマンションであれば、80m2台は3LDKが通常ですが、2LDKと割り切っているため、リビングが広く部屋の配置も整然としています。

これが3LDKとなると、ベッドルームの隣にもう一部屋を設けることとなり、リビングは12畳程度?リビング窓もかなり小さくなり、なかなか厳しい間取りになります。

 

そう考えるとこの間取りの一番良かった点は、2LDKに割り切っている点ですね。

 

場所柄、購入層は、ファミリー世帯だけでなく、広めの2LDKの需要も充分にありそうですしね。