グレーシア千代田秋葉原"線路の評価"

グレーシア千代田秋葉原。

売主は、相鉄不動産株式会社+三信住建株式会社。

12階建て41戸(うち3つが事業協力者)。

 

コンセプトによると、

 

秋葉原徒歩5分。

千代田区アドレス。

公園隣接(佐久間公園が目の前です。)

 

とのこと。

 

ただし、一番気になるのは、やっぱり隣接線路(総武線)ですよね。

 

f:id:roccc:20180918200253j:image

 

駅に近いってことは、当たり前ですが、線路にも近いわけで。諸刃の剣。

そこで、隣接をどう評価するか。

音対策は当然講じられているわけで、

(2重サッシなど。そもそも鉄筋コンクリート造なので、窓などの開口部以外は音に強し。)

窓を閉めていれば、それなりに音は気にならないはず。

ただし、窓を開ければ。。。

 

常に空調をしていて、ほとんど窓を開けない生活もあるし、やっぱり春や秋などの風の気持ちいい時期は、窓は開けたいという考えもある。

 

個人的には、窓は開けたい派ですが、

線路隣接を承知の上でマンションを建設するってことは、線路隣接でもその利便性等を考慮して、やはり一定数の需要があるということでしょう。

 

ほんとは、実際の部屋に入って、音を体感して購入を決められれば、それに越したことはありませんが。。。

立地等を考えれば、きっと完成までに売れてしまうし(売主としては売ってしまいたいし??)それは叶わぬ願いということでしょう。