ピアース麻布十番"Eタイプ"

56.63m2。2LDK。

ピアース麻布十番の中で一番大きな住戸で、建物内の配置的にも南西角の一番良い位置です。

価格は8900万円〜。

坪単価500万円〜。

配置も値段も最もよい住戸。

 

f:id:roccc:20180918082404j:image

 

間口が広く、角部屋であることが最大の売りでしょうか。

図面をパッと見て窓が多くて、気持ち良さそうな印象。

 

特徴的なのは、キッチンの床がタイル貼りな事。

このあたりは、デザイン性の高いモリモトならではという感じ。

清掃性が良さそうなことと、キッチンがカチッとモダンな雰囲気になりそうです。

麻布十番的な感じ??

 

ただし、広いLDKでキッチンの床をタイル貼りにする事はありますが、この広さですと、キッチンとリビングの境界がハッキリし過ぎて、LDKが狭く感じてしまうかも。。

 

ダイニングテーブルをキッチンの前に置く場合、テーブルの脚をフローリングとタイルにまたがって置くことになるのは、いかがなものかと。。

 

麻布十番的を追求し過ぎたか?!

 

 

2LDK〜クラスですと、洗濯機置場が洗面室内にあることが多いですが、廊下に配したことで、洗面室がコンパクトに納まり主寝室がゆとりの6.0畳を取れた要因か。

 

どうせなら洗濯機置場とキッチンを繋げて、家事動線を高めるみたいなアイデアもありそうですが、さすがにそこまでの広さは取れなさそうです。

 

 

やはり最初にも書きましたが、一番売りになりそうなのが、窓。

リビング南側の大きなFIX窓+両袖縦滑り窓は、リビングの扉を開けて、ドーンと広がるストーリー性を持つとともに、太陽の光をサンサンと取込んでくれそうです。

 

ちなみに、

f:id:roccc:20180918084113j:image

この外観の、

 

f:id:roccc:20180918084132j:image

 

この上から下までのドーンの窓がそうですね。