ザ・パークハウス高輪テラス"旗竿敷地のポイント"

港区高輪3丁目。

ザ・パークハウス高輪テラス。

品川駅徒歩9分。

 

パッと見は、旗竿敷地でこの規模のマンションは建てられなさそうです。

※東京都は条例で、旗竿敷地での建築規制があります。旗竿敷地は、敷地の大部分(旗の部分)から、道路へ繋がる通路状の部分(竿の部分)の幅が狭いため、火災時の避難や消火活動に支障があるためです。

 

f:id:roccc:20180920144613j:image

↑お手本のような旗竿敷地ですm(_ _)m

 

 

ちなみに、

↓こちらが竿で、

f:id:roccc:20180920144756j:image

 

↓こちらが旗です。

f:id:roccc:20180920144811j:image

 

 

物件概要の敷地面積の欄によると、

敷地の370m2が私道として、建築確認申請の敷地面積に含まないとなっていますので、

竿の部分は、敷地じゃないので、この敷地は旗竿敷地じゃないという論理なのでしょう。

(そんなのアリ?って感じですが。)

 

火災時の避難性や消火活動のし易さは、旗竿敷地のときと全く変わらないので、

そこは、承知の上で購入検討するとして、

一番確認しておきたいところは、敷地全てが隣地の建物に囲まれているということでしょうか。

 

特に低層階において、隣地の建物との距離、窓の位置および隣地建物からの日影などが要確認です。

特に北東側と南側に高い建物がありますので、そちら向き住戸は、見合い図や日影図などをモデルルームで入手して確認したいところ。

 

パンフレットの間取り図だけみて、いざ入居してみたら、お隣さんといつも『こんにちわっ』状態じゃ困りますからね。