Brillia大島"定期借地権マンション"

ブリリア大島。

 

11階建て、127戸の定期借地権付きマンション。

 

こちらは、一般定期借地権という種類の権利で、借地期間は50年以上から。今回、借地期間が72年に設定され、最近増えている長期間の定期借地権です。

 

f:id:roccc:20180921085336j:image

↑HP物件概要より。

 

よく言われる借地権付きマンションのメリットとデメリットは、

 

『メリット』

・販売価格が安い。

・土地の固定資産税がかからない。

(ちなみに建物部分には、かかります。土地の固定資産税は、地主が支払います。)

 

『デメリット』

・ローンを完済しても、自分の土地にならず、借地料は毎月払い続ける必要がある。

・住宅ローンが限定されることがある。

(もちろん、販売会社の提携ローンは、ありますので通常は問題ありませんが、一部ローンを組めない銀行もあるかもしれない。)

 

などでしょうか。。

 

 

個人的な借地権付き土地の印象は、

地主というものは、代々いらない土地からどんどん切り売りしていき、いらない土地を売り切った最後、

 

手元に残したい。

でも、資金も欲しい。

 

みたいな状況になり、借地権を設定するので、だいたい良い土地が多いのが相場かなと。

 

 

ちなみに本物件の具体的な価格は発表済みで坪単価約220万円〜。

当然、周辺相場より販売価格は低くなりますが、毎月の借地料を支払っていけば、結局、最終的には周辺相場と同じくらいの価格になります。

うん。まさに、経済の原理。

 

 

で、

購入すべきかどうかですが、

今回のように借地期間が72年もあると、実質的に所有権と変わらない(そもそも、72年もそのマンションに住み続けますか?)みたいなことにもなりますので、購入すべきか否かは、一概に言えないと思います。

 

結局は、先のメリットデメリットを理解した上で、その物件がトータルとして気にいるか否かということに尽きます。