プラウドタワー川口"ザ・田の字、Dタイプ"

プラウドタワー川口。

70.54m2の3LDK。

 

f:id:roccc:20180926090846j:image

 

ステキな田の字をありがとう。

完璧な田の字プランです。

 

洗面室をリビングインにすることで廊下をコンパクトに。

ウォークインクロゼット、納戸、押入れ収納と大容量の収納が多いのと嬉しいところ。

 

柱がほぼ、室内に入り込んでいない点もGood。

オープンポーチが玄関に『ゆとり』的なものをもたらします。

玄関扉を開けてすぐ廊下だと少し寂しいですしね。

 

間口が限られる田の字プランの宿命か、部屋の大きさに対して、窓が全体的に小さいのはやむなしでしょうか。。

 

窓は、

陽の光を取り入れ、

柔らかな風を通し、

ステキな眺望を眺める。

(窓の役目。。)

もう少し大きければ。。

窓ばかりでも困りますが、バランス重要です。

 

 

と、

ツラツラ書きましたが、

どうしても、どの物件の田の字プランでも、似たようなコメントになり、どうしても差がつきにくいです。

 

この限られた間口で3LDKを求めると、王道的にはこうなってしまいます。。

 

 

では、

2LDKならどうなのか??

同じくDタイプのセレクトプラン(2LDK)です。

 

f:id:roccc:20180926092656j:image

 

洋室3を取り払って、リビングドーン。

リビングがこのくらいあると、リビングでゆったりとくつろぐ姿が目に浮かびません?

 

お風呂の周りが、3LDKの時にあった収納がそのままでリビングの一角が扉だらけなのはいただけませんが、2LDKでこの収納力は、たいしたものです。

(逆に言えば、収納が大きい分、70m2の2LDKなのに寝室が6.3畳と5.0畳となってしまっているということですが。。)

 

また、せっかくのリビングドーンの窓が、かつてあった洋室3の窓そのままになるので、窓の幅の広さを活かせていません。。

 

このあたりは、どうしてもオリジナルプランの影響を受けてしまうセレクトプランの辛いところですね。