Brillia久ヶ原"拡張性に問題か、Krタイプ"

今回より勝手に採点を導入。

してみます。。

 

ブリリア久ヶ原。

65.32m2。

2LDK。


こちらもタイプ名に『r』が付くのでルーフバルコニー付き。

 

f:id:roccc:20181009215110j:image

 

3面開口を活かし、豊富な窓が特徴。

バルコニーの数は多いですが、

その大きさには、疑問符。。

 

ルーフバルコニー、狭過ぎでしょっ。。

 

また、バルコニーは2つありますが、いずれも小さいので、洗濯物を干すには難あり。

 

動線。

廊下はコンパクトにまとまっていてGood。

洗面室へは廊下とキッチン脇との両側から入ることができ、家事動線的に使い勝手良さそうです。

また、回遊性(行き止まりがなく、グルっと回れる)が生まれているので、実際より空間の広さを感じると思います。

 

リビングに窓が多いのは良いですが、

その窓の数がが多いこと、

洋室2の入口があること、

柱が2箇所出ていて部屋が不整形なこと、

で、

家具配置は難しそうです。

テレビ、どこに置きます?

よく、家具配置の確認はしておきたいところです。

 

あと、どうしようもないことなのでしょうが、

住戸自体のアウトラインがギザギザしていますので、間取りのパターンとしてはもうこれしかないって感じ。

拡張性のなさが弱点か。

本来、65m2の2LDKであれば、

洋室1は6〜6.5畳くらい、

洋室2が5畳以上くらい欲しいところですが、

それぞれ、8.6畳と4.4畳(しかもクローゼット狭い)。

 

アウトラインに制約があるので、これ以上、調整シロがないのでしょう。

 

また、カップルや子供なし夫婦で住む場合は、洋室2の扉が3本引き戸になっていて、

開け放てば広いリビング。

みたいなフレキシビリティが欲しいですが、それもこのギザギザアウトラインではできません。。

 

この間取りがドンピシャで気に入った方以外には、そのあたりがネックになるかもしれませんね。

 

採点

基礎点50

バルコニーが小さい-10

動線に回遊性あり+10

3面開口を活かした窓の多さ+15

間取りのフレキシビリティ-10

トータル

55点。