プラウドタワー武蔵小金井クロス"WS4Aタイプ"

プラウドタワー武蔵小金井クロス。

85.73m2の4LDKです。

 

f:id:roccc:20181017124456j:image

 

まず、間口については、角部屋かつ間口の幅も広いので申し分なし。

各寝室には、しっかりとした大きさの窓があります。また、リビングにはコーナーサッシが一面に広がり開放感バツグン。これぞタワマンの角部屋って感じです。

 

また、奥行きのしっかりとしたバルコニーが2つもある点も良いです。

 

玄関の位置が住戸の端にあるため、廊下は長めです。

85m2の4LDKプランだと、この長さの廊下では、全体のバランス的に廊下が占める割合が多過ぎ、各寝室は、そのシワがよって狭めです。

特にベッドルーム4は、ホントにベッド置いたら足の踏み場もないくらいな感じで、まさにベッド(置くだけの)ルーム。。

 

あと、気になるのはリビングの形。

どこか歪な形。

家具配置をどうするか要確認です。

いずれにしろ、使い易い形とは、言い難い。

 

ベッドルーム3、4は共に引き戸になっており、それぞれを開け放てば、リビングと一体に使えるのでフレキシビリティがかなり高いです。

ただし、両室とも、リビングとの関係がイマイチで、一体で使えるの??って気もします。

 

当然、メニュープランでは3LDKが用意されており、リビング、ベッドルーム4が一体になり、キッチンの位置もいい感じの位置に移動しているプランがある(はず!!)なので、ベッドルームが4つも必要ない方は、そちらを選択するのでしょうね。

 

ぜひ見てみたい。。

 

ちなみに通常、メニュープランでキッチンなどの水回りまで動かすことは、工事が煩雑になるので(コンクリートの躯体自体を変更する必要がある。)少ないと思いますが、

本物件は、SI工法(スケルトンインフィル工法)が採用されているため、メニュープランでキッチンを移動することも可能です。

ここでも、購入者の選択肢が広がるという意味で、SI工法が採用されているメリットが現れていますね。

 

↓スケルトンインフィルについては、こちら。

 

 

採点

基礎点50

角部屋で間口広い。+15

バルコニー2つ。+5

廊下が長い。-5

ベッドルーム4が四畳半以下。-5

リビングの拡張性あり。+5

リビングの形が歪。-8

トータル

57点。