オープンレジデンシア代々木大山"Fタイプ"

67.38m2。

2LDK+SR(=実質3LDK)。

オープンレジデンシア代々木大山Fタイプ。

 

f:id:roccc:20181106164742j:image

 

住戸全体の形状は、すこし歪ですが、間取りはどうでしょうか。

 

玄関の先に続く廊下は、クランクした形状となっているため、玄関扉を開けても部屋の中まで見通されることはないのでGoodです。

 

廊下は長すぎず、短かすぎずのちょうどいいバランス。

主寝室(BR1)がリビングなどのパブリックゾーンから完全に独立しているため、プライバシーが高くてよいです。

 

キッチンは対面型で、リビングダイニングも整形なため、家具配置はしやすそうです。

ただし、本物件に共通ですが、LDK14.5畳の評価はあくまで、キッチンとリビング内の廊下状の部分を含んだ数字なので、実質リビングは、もっと狭めです。

ライフスタイルに合わせた家具の配置検討が必要だと思われます。

 

リビングに繋がる2つの寝室は、さすがに60m2の3LDKとあって、狭いですが、3LDKで廊下、水回りもしっかりとしているので、この広さはやむなしです。

 

BR2はリビングとの関係でいえば、引戸やウォールドアにして、開け放して、広めのリビングでも使えます。が、最近の定番ですが、こちらの物件では、どの間取りも、頑なに完全な個室とする方針のようです。

 

住戸内に柱が3本入ってきているのは、完全なデットスペースが多いということなので、マイナスポイント。

さらに注意が必要なのは、柱の配置からすると、リビング内の中央に梁が横断しているものと思われますので、リビングの天井高さがどうなっているかは、要確認です。

 

収納はBR1が少しナナメですが、なんとかウォークインクローゼットですが、その他の寝室クローゼットや共用収納は小さめです。

このあたりも60m2台の3LDKゆえにしかたない部分でしょうか。

 

 

採点

基礎点50

廊下の形状、長さ。+5

BR1の独立性。+3

BR2の拡張性がない。-5

住戸内柱3本。-5

 

トータル

48点。