プラウド虎ノ門"Ihタイプ"

68.39m2。

2LDKのIhタイプ。

 

f:id:roccc:20181111091723j:image

 

最上階の角住戸。

パッと見の住戸アウトラインが複雑な形ですが、

間取りはいかがでしょうか。

 

玄関、廊下は必要最小限の広さ。

相変わらず、廊下にコリドール(=回廊、建物周囲に巡らされた廊下)との

表記ですが、また、単なる廊下ですよね。

ものは言い様。

 

リビングダイニングは、その住戸形状の影響から、

リビングゾーンとダイニングゾーンとが分離する形。

ぴったりとハマる家具があれば良いですが、

特にダイニングゾーンは狭めです。

家具配置の確認が必要です。

また、模様替えなどに配置の制約を受けるのは少しマイナスポイント。

窓は各壁面にこれでもか!というくらいあります。

明るく、最上階からの眺望を眺められて魅力的。

 

ベッドルーム1はダイニングの脇に入り口があり、

プライベート感が低めです。

本来、このグレードのマンションであれば、

廊下に寝室の入り口を配し、プライベートとパブリックとを

分離したいところですが、住戸広さの関係上、難しそうです。

東側のコーナーサッシは、空間の広がりを生むことと、

朝日を寝室に取り込んでくれますので、毎朝気持ちよく起きられそうです。

 

ベットルーム2についても入り口がリビング内にある点は残念。

また、扉の形状が開き扉ですが、引き戸にしてリビングと一体に

使えるようにしても良さそうですが。。

リビング狭めですし。

 

収納は玄関は、ウォークインではなく、下足入れ。

この価格のマンションの購入者には、少し物足りなさそう。

共用収納も廊下に一つと寂しいです。

ベットルーム1のウォークインは広さ充分。

キッチン背面の収納(造り付けでないことに驚きです。。)スペースも

かなり狭いです。食器等が多い方は物足りなさそうです。

 

通常のマンションの68m2の2LDKであれば、

充分満足できそうな点も、最上階の角住戸であることを考えると

思い切って1LDKにしてゆとりのある間取りも見てみたかったところです。

どこか庶民じみている感じありますよね。。

 

 

採点

基礎点50

LDの家具配置の自由度が低い。-5

2寝室ともリビングイン。-5

下足、共用物入れキッチン等、収納力が低い。-3

リビングの豊富な窓。+8

洋室1のコーナーサッシ。+3

トータル

48点。