マンション、ここ見る。

設計のプロ目線でマンションの間取りを中心にあれこれ好き勝手に書いています。現役設計デザイナーが書いているので、見る目線もちょっとは違うはず。

ガーデンパレス自由が丘"ライトコートあり、Cタイプ"

自由が丘駅徒歩14分。

都立大学駅徒歩13分。

駅からははなれますが、言わずと知れた目黒区八雲アドレス。

駅から離れた閑静な住宅街。

 

RC造、地上3階地下1階、全28戸。

 

竣工が2018/12末で、

販売開始が2019/3上旬なので、完成した建物や周囲の環境を見てから購入できるのは、嬉しい点です。

 

さて、間取りですが、

73.12m2の3LDKのCタイプ。

 

f:id:roccc:20181114084320j:image

 

なんと言っても特徴は、ライトコート。

ライト(光)を取り入れるコート(庭)。

ライトウェル(光井戸)なんて言ったりもしますね。

 

本来、この住戸間口であれば、

共用廊下を外部廊下とし、洋室1の窓を外部廊下側に設けるのがオーソドックスですが、

本物件は、外部廊下にできない配置計画のため、ライトコートを設け、洋室1に窓を設けられるようにしています。

 

f:id:roccc:20181114084825j:image

 

ライトコートに対しては、

窓無しの部屋になりがちな位置にある洋室2の窓やUBの窓を設け、ライトコートが有効に使わらています。

 

これが中高層マンションであれば、ライトコートの下階部分には、ライト(光)が届きませんが、こちらは3階建てなので、ある程度のライトも期待できそうです。

 

全体の間取りですが、

洗面室の入り口および洋室2、3の入り口をリビングからとすることで、廊下が非常にコンパクトにまとめられています。

 

洋室3の扉はウォールドアになっており、開け放てばリビングと一体利用が可能。フレキシビリティーがあります。

 

収納は大きなシューズインクロゼットとウォークインクロゼットあり。洋室2、3のクロゼットも最低限の大きさがしっかりと確保されています。

共用の収納は、リビング内に小さなものが一つと少し物足りない感じ。

 

バルコニーは、奥行きが狭めなのは残念ですが、前面に桜のある緑道があるようで、春の景色は楽しみですね。

 

リビングの窓が小さめなのは、残念なところ。エアコン室外機置き場などがあり、窓の幅が大きく取れないのでしょうが、別に置き場を設けるなど、なにか一工夫して、窓の幅をもう少し確保して欲しかったところです。

 

 

採点

基礎点50

ライトコートあり、窓多し。+10

廊下がコンパクト。+3

洗面室がリビングイン。-2

洋室3のフレキシビリティー。+5

バルコニー前面の桜。+5

バルコニー奥行き狭め。-2

トータル

69点。