マンション、ここ見る。

設計のプロ目線でマンションの間取りを中心にあれこれ好き勝手に書いています。現役設計デザイナーが書いているので、見る目線もちょっとは違うはず。

ディアナコート御苑内藤町"Dタイプ"

58.22m2の2LDK。

ここまでの流れでいけば、50m2の1LDKでも良さそうですが、ここは2LDKのようで。。

 

f:id:roccc:20181118181253j:image

 

 まずは、3方開放の角住戸で窓が多いのが、目立ちます。

これは、期待できそうな予感。。。

 

玄関を開けると真っ直ぐ効率的な廊下。

シューズインクロゼットを完備で、2LDKであれば、十分な広さです。

 

リビングの扉を開けると真っ直ぐ目の前に

南向きの大開口窓。

抜け感があって広がりや開放感を演出してくれそう。

また、リビング内には西側にも大きな窓があり、

キッチンを含むLDKで12.7畳ですが、

それ以上に広さを感じそうです。

 

キッチンはリビング内の一角にあり、少し庶民的な雰囲気ですが、

背面にカウンターを設けることで、

キッチン空間をゆるくゾーニングできるため、

それほど安っぽく感じなさそうです。

 

主寝室は廊下に入り口があり、

プライバシーはしっかりと確保されています。

 

洋室の位置はリビング脇。

どうせなら扉を開けなして

洋室をリビングと一体利用をしたいところですが、

引き違い戸のため、それは叶わず。

どう考えても、ここは、クロゼットもうまく配置して、

リビングとの繋がる間口を広げ、

ウォールドアでも設けてフレキシブルに使える間取りにするのが、

最近の流行りだと思いますが。。。

 

住戸全体でみたとき、

マンションではなかなか取れない開口(=窓)が

ここまで多いのは、一つの価値になると思います。

 

採光、風通し。

戸建と比較しても充分過ぎる窓の大きさ、数だと思います。

 

 

採点

基礎点50

3方開放窓多し。+15

リビング内の大開口窓。物語性。+5

キッチン背面カウンターの配慮。+2

洋室の戸の形状。LDとの繋がりがない。-3

広めのシューズインとコンパクトな廊下。+3

トータル

72点。