マンション、ここ見る。

設計のプロ目線でマンションの間取りを中心にあれこれ好き勝手に書いています。現役設計デザイナーが書いているので、見る目線もちょっとは違うはず。

プラウド渋谷本町"間口狭い、Cタイプ"

プラウド渋谷本町。

地上13階建て、総戸数100戸。

2019年1月下旬から販売開始の物件です。

 

こちらの間取りは、60.14m2の2LDK。

Cタイプです。

 

f:id:roccc:20181122010351j:image

 

 パッと見は田の字プランかな?と思わせる形ですが、

よく見ると玄関の位置が田の字プラントは異なります。

 

田の字であれば、玄関は住戸間口の中央で、

廊下がまっすぐリビングまで伸び、

その両脇に寝室と水廻りを配置する。

ってのが超効率の良い田の字の王道ですが、

こちらのタイプは玄関の位置が住戸の片側に寄っています。

 

これはおそらく先に書いた田の字の

真ん中に廊下、その両脇に寝室と水廻りを配置するほどの

間口が取れなかったためだと思われます。

 

ただし、この形はこの形で効率は良いようで。。

 

廊下はものすごくコンパクト。

玄関扉を開けても廊下がクランクしているため、

住戸の奥まで見通されることがありません。

玄関扉の正面に絵でも飾れば、雰囲気が出そうです。

 

キッチンも間口が少ないため、変形のL字型で

かろうじて対面になりました!って感じ。

 

非常に疑問なのが、洋室1の扉。

仮に2人で住むとして

シングルベット2台やセミダブルベットを置くなら

主寝室である洋室1になるかと思いますが、

なぜか、その扉はリビングと一体利用のできるウォールドアを採用。

 

ベットがドーンと置いてある主寝室の扉を

全面開放してリビングと一体にするシーンが思い浮かびません。。。

 

かと言って、1人で住むなら最初から1LDKで良いわけですし。。

しかもウォールドアを開けてリビングの一部として使用した時に

寝室が4.5畳では狭すぎる。

 

あと気になるのは、やはり柱。

この広さでこのサイズの柱が入り込むと厳しいです。

洋室2の形は非常に使いにくそう。。

 

住戸の外にありますが、

洋室1の脇の柱も、洋室1の窓を小さくしてしまっているし、

階数の高い建物は、柱が大きくなりますので、

住戸と柱の関係が良い間取りを探したいものです。

 

 

採点

基礎点50

間口が狭い。-5

廊下がコンパクト。玄関の形よし。+5

洋室1のウォールドアがあまり役に立たない。-5

柱大きい。-3

柱のせいで窓が小さい。-2

トータル

40点。