マンション、ここ見る。

設計のプロ目線でマンションの間取りを中心にあれこれ好き勝手に書いています。現役設計デザイナーが書いているので、見る目線もちょっとは違うはず。

プラウド渋谷本町"バランスに注意、Fタイプ"

46.14m2の1LDK。

プラウド渋谷本町のFタイプ。

 

f:id:roccc:20181122010916j:image

 

玄関は広めでGood。

 

といきたいところですが、46m2にしては広過ぎか。広いに越したことはないですが、何事もバランスが重要。

 

廊下もクランクしながら微妙に広いです。

もう少しコンパクトにまとまらないものか。。

 

これはひとえに住戸における玄関の位置が問題ですね。玄関が間口に対して端にあるためにこうなってしまっているようで。

 

キッチンは、廊下からもリビングからも入れる回遊性のあるプラン。

使い勝手もいいですし、回遊性があることにより空間に広がりを与えます。

 

って、これも同じ話ですが、

80m2ある住戸なら良いのですが、こちらは46m2しかないわけで。。。

普通に考えれば、通路よりまず居室。

 

この間取り、よくよく俯瞰してみると、

半分くらい通路(玄関、廊下、リビング内の通路部分)ですね。

 

リビングも10畳と思いきや、

LDK(キッチンも含んで)で10畳です。。

 

隣の洋室が5.5畳であることを考えると、リビングダイニングの使える部分は、6畳弱??

 

家具配置などをよく検討する必要がありそうです。

 

洋室は引き戸になっているため、リビングとの一体利用も可。

どちらかと言えば、この広さだと常に一体利用してる感じか?!

 

洋室は角住戸を活かして窓が2面にあり。

ただし、南東側の窓は隣のマンションの窓が近いため、あまり窓を開け放つことは難しそう。

 

北東側のメインのサッシは山手通りに面していることを考慮して、二重サッシ。

さすがの配慮です。

 

バルコニーは広めですが、

二重サッシにしなきゃならないくらいの騒音があるとすれば、あまり出ることはないのか?!

 

その他、柱型が住戸内に入ってきたり、PSが微妙に多かったりと、廊下などのバランスの悪いスペースに合わせて、デットスペースも目立つ間取りです。

 

 

採点

基礎点50

広い玄関。+3

玄関、廊下のバランス悪い。-8

回遊性のあるキッチン。+5

リビングが狭い。-5

洋室が引き戸で拡張性あり。+3

広めのバルコニー(ただし、山手通り沿い)。+1

トータル

49点。