マンション、ここ見る。

設計のプロ目線でマンションの間取りを中心にあれこれ好き勝手に書いています。現役設計デザイナーが書いているので、見る目線もちょっとは違うはず。

ネベル恵比寿"バランスが重要、Bタイプ"

35.57m2の1LDK。

ネベル恵比寿のBタイプです。

 

f:id:roccc:20181203083432j:image

 

限られた住戸面積になるので、

水回りや収納などのスペースを

どこまで充実させるか、

どこまで割り切るか、

がポイントになります。

 

あまりに割り切り過ぎてバストイレ一緒みたいな事だと賃貸マンションみたいになってしまいますし、

逆に分譲マンショングレードで充実させ過ぎると居室が狭くなってしまいますし、

バランス重要です。

 

玄関廊下は非常にコンパクト。

割り切ればリビング扉なし、みたいなことも可能ですが、それだと玄関扉を開けると真っ直ぐ中まで見通されてしまうので、リビング扉ありは嬉しいです。

 

シューズインは、1LDKにしては十分のサイズ。靴が多い女性の方でも安心です。

 

トイレは単独タイプ。

広さもしっかり確保されています。

 

洗面室も大きさは十分でしょう。

リネン庫もあるのはポイント高いです。

 

ここも割り切れば洗面室内にトイレってパターンも多いですが、別になっていれば、二人で住んだり来客の時も便利です。

 

キッチンはクローズタイプ。

背面カップボード付き。

レンジや炊飯器もカップボードカウンターに置けそうです。

 

LDKは、10.0畳。

ですが、この表記だとキッチンも含んだ数字なので、注意が必要。

クローズタイプのキッチンをLDKの畳数に入れるのは、ちょっといただけないかと。

売主としては、10.0畳という表記にしたかったということでしょうが、購入する方に誤解を生みます。

隣のマスターベットルーム3.2畳と比較すれば、せいぜいリビングダイニングで6.0畳ってところでしょうか。

家具配置の検討はしてみたいところです。

 

隣のマスターベットルームは、入り口がウォールドアになっているため、開け放てば広めのワンルームとして利用可。

もちろん閉じて個室利用もできますが、3.2畳しかないので、ベットを置くと床一面がベットって感じになりそうです。

 

まさに、ベットルーム。。。

 

マスターベットルームには、ウォークインクロゼット付。ウォークイン(=歩いて入る)はできませんが、なかなかの収納力。

 

この辺りも収納を取るのか部屋の広さを取るのかのバランスだと思いますが、どちらかというと収納の充実を選択したようで。

 

バルコニーは、幅、奥行きとも広めで、しかも南向き。気持ちの良いバルコニーになりそうです。

 

 

採点

基礎点50

リビング扉付き。+2

独立トイレ、リネン付きの洗面室。+3

キッチン背面カップボード。+3

リビング狭め。-3

マスターベットルームウォールドア。+3

ウォークインクロゼットあり。+2

マスターベットルーム狭め。-2

広いバルコニー。+5

トータル

63点。